ゴミ問題での家庭の知恵

ゴミ問題への取り組みとして、一番身近なことは生ゴミを利用する事が手ごろでしょう。


【まず生ゴミの再利用の知恵として、次のようなゴミ問題解消策があります】

●米のとぎ汁
 油で汚れた食器はとぎ汁を含ませたスポンジで洗うことでゴミ問題解消へつながります。

●お茶ガラ
 堅く絞って畳の上に撒き、ほうきで掃くとホコリが取れてゴミ問題解消になり、鉢植えの土にかければ肥料として再利用できます。

●ミカンの皮
 煮出して液を畳拭きやお風呂洗いに使い、皮は日に当てて乾かして布袋に入れると入浴剤としても利用することでゴミ問題への取り組みとなります。

●リンゴの皮
 黒ずんだアルミ鍋に芯・皮を入れて煮込むと綺麗になりますので、これも立派なゴミ問題への対策方法です。

●レモンの絞り皮
 ガラス磨きに利用できる。

●残った牛乳
 床磨きや洗顔に利用はゴミ問題だけではなく、美容の手助けもしてくれます。


【不要品のゴミ問題への再利用の知恵はこんな方法もあります】

●使用済みアルミホイール
 排水口に入れておくと金属イオンを出してヌルヌルを防ぎゴミ問題へ役立ちますし、アウトドアでは丸めて野菜の皮に押し付けてこすると薄皮でむけるなどの手助けとなります。

●ペットボトル
 プランターやシャベルなどの園芸グッスに利用。

このように少し考えれば、身近なところでゴミ問題への取り組みが出来ますので、まだまだゴミは減らす事が出来ると思います。
posted by プッハ at 14:51 | ゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミ問題解決への第一歩

ゴミ問題は家庭レベルで出来ることは、率先して行うことが大切です。
ゴミの回収については各自治体で異なりますが、ゴミ問題解決には家庭の分別が欠かせませんので、燃えるゴミ燃えないゴミ、プラスチック、かん、ビン、紙類などの資源ゴミといった具合に、家庭で出来るゴミ問題の解決として率先して行うことが大切です。

例えばゴミ問題を意識した買い物に心がけ、買い物の際には“燃えないゴミに分類されるトレー容器入りのものはなるべき買わない”などゴミ問題を意識するように心がけます。

ゴミ問題では身近なことから取り組むことが、将来のゴミ問題への具体的な解決手段となりますので、まずは小さなゴミ問題から取り組むようにしたいものです。

ゴミ問題では、その他にも自分の周りをよく見渡すと、些細な事でもたくさんの不要なゴミが発生していることに気付きますので、これらを一つずつ生活の中から改善していく取り組みが、ゴミ問題への意識の醸成とゴミの削減につながっていきます。

posted by プッハ at 14:50 | ゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミ問題について

ゴミ問題は私達の生活が豊かになることと平行して、ゴミの排出量がどんどんと増えていき、現在のゴミ問題では排出の抑制だけては解決が困難なことから、各種リサイクル法を制定して資源の再利用などの、循環型による新たなゴミ問題の対応を基本としています。

産業廃棄物や家庭からの一般廃棄物などのゴミ問題は、処理を行うための処分場にも限りがあるため、個々の意識改革はもちろん、自治体での積極的な分別を行い、企業によるリサイクル設計の導入、そして家庭でのゴミ問題では排出量の削減努力などが叫ばれています。

企業などのゴミ問題では違法行為はあるものの、行政や地域住民などの監視行為により、安易な不法処理は減っているようですが、家庭からの一般廃棄物についてのゴミ問題では、自治体の呼びかけ・規制や住民努力によりゴミ問題への改善の方向に向かっているものの、いま少しゴミ問題への取り組み意識に格差があるようです。

特にゴミ問題での身近な取り組みは、なんと言っても家庭でのリサイクルはゴミ分別と家庭内での再利用がゴミ問題への取り組みの第一歩となるでしょう。

posted by プッハ at 14:48 | ゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。